不動産売却には信用できる仲介会社が必要

査定をお願いしました

父母が購入したマンションを売却 | 査定をお願いしました | まずは信用できる会社探しから

印象の良かった担当者とは顔を合わせてみて、査定もお願いしました。
売却自体を急いでいなかったこともあって、かなり多くの会社を候補に入れましたが、結局残ったのは数社だけで、その数社に仲介をお願いすることになりました。
不動産を扱う場合の仲介手数料などももちろん承知していましたが、実際に金額として数字を見せられるとちょっとしたショックがあります。
私の場合は思った以上に高い仲介手数料になってしまいましたが、それでも不動産会社を介して良かったと思っています。
マンションに買い手が現れるまではそこそこ時間がかかりました。
古い物件だったこともあり、施設の老朽化などを考えると新しく済みたいという人は少なかったのかもしれません。
しかし同じマンションに祖父母が住んでいるという方が購入してくれることになり、それまでの苦労を思い出してほっとしました。
今にして思えば傷んでいた箇所などは事前にリフォームしてから売りに出せば良かったのかもしれませんが、予算的にも厳しいものがありましたし、本当に売れるのかどうか半信半疑だったこともあって、直しはせずに売りに出してしまいました。
内部が見たいという方が現れた際には、その都度室内を見て貰いました。
売却期間中は部屋の中をきちんと掃除する癖がつき、これは以後も継続できていて、嬉しい癖となりました。